一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会

English
Facebookページ Facebookページ

HOME > Topics > IGF-Japan , セミナー > 海賊版サイトブロッキングについて考えるシンポジウム~ISPは著作権侵害における加害者か?~

Topics

海賊版サイトブロッキングについて考えるシンポジウム~ISPは著作権侵害における加害者か?~

2018年10月10日(水) IGF-Japan セミナー

日本インターネットプロバイダー協会では、インターネットコンテンツセーフティ協会、IGF-Japanとの共催で「海賊版サイトブロッキングについて考えるシンポジウム」~ISPは著作権侵害における加害者か?~として、シンポジウムを開催いたします。

ぜひ、ご参加下さい。

※翌日は日本インターネットプロバイダー協会主催の「ISP&クラウド事業者の集いin京都」もございます。そちらもぜひ。

※プログラムについては、随時更新して参ります。

開催日: 2018年10月10日(水)13:00~18:00
場所: 京都コンピュータ学院駅前校 6階ホール
〒601-8407 京都市南区西九条寺ノ前町10-5
https://www.kcg.ac.jp/access.html#kyoto_ekimae
参加資格: どなたでも参加できます。
費用: 参加費:無料
懇親会費:各日4,000円/人
【支払方法】当日、受付にてお支払い下さい。
申込方法: こちらのフォームよりお申込みください。 
※フォームが表示されない場合がございます。
その場合、下記の必要事項を記載の上、E-mail(info@jaipa.or.jp)にて、
お申込みくださいますようよろしくお願いします。
※@マークを半角にしてお送りください。
※必要記載項目(社名、氏名、e-mail、
10日(水)シンポジウム、懇親会参加の有無)
プログラム: 開催の背景
4月の政府「海賊版サイト対策」が発表され、通信事業者を始め
関係方面に大きな波紋が広がりました。その前の週の4月6日:毎
日新聞が第一報「政府が近々海賊版サイト対策を発表予定」を掲
載したため、各団体が一斉に反対声明を表明。翌週の13日には犯
罪対策閣僚会議「海賊版サイト対策」を発表。「ブロッキングの
要請」はしなかったものの、政府がここまで踏み込んだ発表をす
ることについては、各方面から様々な反応が沸き起こりました。
その後、知財戦略本部にタスクフォースが設置され議論されてお
りますが、現状(9月上旬)では目処がついていない状況です。こ
のシンポジウムが開催される頃に、知財戦略本部がどのような報
告書をまとめているのかは不明ですが、これまでの議論における
問題点や検討課題などについて関係者から解説とパネルディスカ
ッションを開催します。
講演者、パネラー予定者案:(以下敬称略)
京都大学:曽我部真裕、東京大学:宍戸常寿
金沢大学:長瀬貴志、明治大学:丸橋透
弁護士:森亮二、弁護士:上沼紫野、弁護士:壇俊光、
国際大学GLOCOM客員研究員:楠正憲
ICSA:吉田奨、JAIPA:立石聡明
その他、交渉中
13:10~14:40
1.講演
(1)海外における著作権侵害対応事例
(2)交渉中
14:50~16:30

ライトニングトーク 1人10分程度

法的問題点や解決策など多方面の講師による様々な論点に関する講演(1)曽我部真裕
(2)森亮二
(3)上沼紫野
(4)壇俊光
(5)吉田奨
(6)長瀬貴志
(7)その他数名を予定

16:30-18:00
「海賊版サイト対策はどうあるべきか(仮題)」
(1)モデレータ:曽我部真裕
   パネラー:森亮二、上沼紫野、壇俊光
19:00-21:00 懇親会

カテゴリーアーカイブ

会員限定カテゴリーアーカイブ

過去の部会活動

年度別アーカイブ