インターネットを楽しむために
-----
トップページ トップページ

インターネットを始めるには
 プロバイダーって
 プロバイダーの選び方
 契約する前の確認
 契約後の注意事項
インターネットにつなぐ インターネットにつなぐ
 接続の仕方
 主なプロバイダーのサポートページ
Webページを見る Webページを楽しむ
 Webサイトの閲覧
 ご注意
 フィルタリングについて
メールを使う メールを使う
 メールとは?
 メールを利用するときの注意
 迷惑メールについて
  広告メールについて
セキュリティに注意! 注意しましょう!
 個人情報の送信について
 パスワードについて
  OSやソフトのアップデート
 ウイルスについて
 デマウイルスについて
 著作権について
 ネチケット
 フィッシングについて
こんなことが起こったら
 誹謗中傷
 身に覚えのない請求
 詐欺と取引上のトラブル
 詐欺メール
主なプロバイダーのサポートページ
----- -----
インターネットを楽しむために JAIPA
.
. 関連リンク集
 

注意しましょう!

  1)個人情報の送信について
2)パスワードについて
3) OSやソフトのアップデート
4)ウイルスについて
5)デマウイルスについて
6)著作権について
7)ネチケット
8)フィッシングについて

 
  インターネットに接続されている以上、外部から攻撃を受けたり、情報を盗まれることがあります。
1

個人情報の送信について

 
  • SSL を利用していないサーバに向けてクレジットカードの番号等の個人情報を送信すると、インターネット上を平文のままデータが流れます。この場合盗聴される場合がありますので、絶対にやめましょう。SSL を利用しているサーバにブラウザでアクセスすると、ブラウザに鍵のマークが表示されます。
    SSLの鍵のマーク
  • cookie は自分の情報を相手方サーバに伝えて記憶させます。これによって二回目の訪問の場合には、自分用にカスタマイズされたページを表示するために、例えば同じ情報を再度入力する必要がないなど、有効に使われる場合が多いです。ただし、自分の情報がネットワーク上に流れるということは認識しておきましょう。
  • むやみに個人情報(「名前」「住所」「電話番号」など)を自分・他人の情報にかかわらず、掲示板等に書き込むことは危険です。

2

パスワードについて

 
  • インターネットで利用するパスワードは自分で厳重に管理して、忘れないようにしましょう。また、むやみに人に教えてはいけません。また、パスワードを作るときは、英文字と数字、記号を織り交ぜてさらに大文字・小文字を適当に配置する等の工夫をして、自分のみが覚えやすいものにしましょう。パスワードは定期的に変更するようにしましょう。また覚えづらいからといって、机に張り付けたりしてはいけません。

3

OSやソフトウェアのアップデート

 
  • WindowsなどのOSやソフトウェアには、「セキュリティホール」と呼ばれるシステム上の欠陥が見つかる場合があります。セキュリティホールを放置しておくと、悪意のあるユーザーによって不正にコンピュータを操作されてしまう危険があります。
  • OSやソフトウェアのバージョンは、常に最新にアップデートするようにしましょう。アップデート情報は、ソフトメーカーのWebサイトから入手できることが多いです。
 
4

ウイルスについて

 
  • メール感染
    最も多いものがメールに添付されてきたファイルをクリックすることで感染するものである。最近はクリックしなくても、セキュリティホールがあると自動的にウイルスファイルを実行してしまうと言うものもあるので注意!
  • Web感染
    インターネットからのダウンロードで感染してしまうもの。便利なツールやゲームをダウンロードすることにより感染するものがあるので、利用には十分注意が必要。また、セキュリティホールがあると自動的にダウンロードして実行してしまうものもある。
  • ネットワーク感染
    コンピュータ同士をつないでいるネットワークを作っている場合に他人のコンピュータより感染する。会社やケーブルテレビのインターネットや公共の無線なども対象になる。
  • ウィルスが含まれているメールを受信した場合、あなたのパソコンがウィルスに感染してしまう可能性があります。さらにあなたのパソコンを媒介として、他の人にウィルスをばらまいてしまう危険があります。ウィルスへの感染を防ぐように努力しましょう。
  • 知らない人からの添付ファイルを開かないようにしましょう。知っている人からの添付ファイルでも、ウィルスが含まれている場合がありますので注意しましょう。
  • メールソフトの設定で HTML を表示しないにしましょう。但しメールソフトによってはその設定ができない物もあります。
  • ウィルスを駆除するソフトを導入していても、適切にバージョンアップしていない場合は役に立ちません。きちんとユーザー登録してバージョンアップをしましょう。
    ウィルス


デマウィルスについて

  ウィルス情報と言って偽の情報を流すメールを受信することがあります。人の親切心をあおってチェーンメール化することが目的のメールです。お友達などから偽ウィルスの情報をもらっても、相手は親切で出したつもりですので、怒らずにメールをゴミ箱に捨ててしまいましょう。
 

用語解説
.
.
・SSL(Secure Sockets Layer)
WWWブラウザとWebサーバの間に行き来する情報を、暗号化するための通信手段。
・cookie
Webサイトの提供者が、Webブラウザを通じて訪問者のコンピュータに一時的にデータを書き込んで保存させるしくみ。Cookieにはユーザーに関する情報や最後にサイトを訪れた日時、そのサイトの訪問回数などを記録しておくことができます。Cookieはユーザーの識別 に使われ、認証システムや、WWWによるサービスをユーザーごとにカスタマイズするパーソナライズシステムの要素技術として利用されます。Cookieにはそれぞれ有効期限を設定することができ、有効期限を過ぎたCookieは消滅します。
ウィルス
他人のコンピュータに勝手に入り込んで悪さをするプログラム。画面 表示をでたらめにしたり、無意味な単語を表示したり、ディスクに保存されているファイルを破壊したりします。ウィルスはインターネットからダウンロードしたファイルや、他人から借りたフロッピーディスクなどを通じて感染します。最近ではe-mailを介して感染するタイプのウィルスが増えており、大抵は使用者の知らないうちに感染します。またウィルスに感染したことに気づかずにコンピュータを使用し続けると、他のコンピュータにウィルスを移す危険性もあります。
・チェーンメール
「このメールを受信したら、五時間以内に同じ内容のメールを十人に送って下さい」などといった、不幸の手紙のインターネット版。ゴミ箱に捨てましょう。
.
.


Next
-----

社団法人日本インターネットプロバイダー協会
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町3-24 カコー桜丘ビル6F
Tel : 03-5456-2380 Fax : 03-5456-2381 (土日祝日を除く 10:00-12:00, 13:00-17:00)
Mail : info_@_jaipa.or.jp
JAIPA